たまに聞くフランチャイズって何?どうしてフランチャイズのお店が多いの?

フランチャイズの特徴と仕組み

フランチャイズとは、ある特定のお店の看板やサービス内容などを使う権利をフランチャイズ本部からもらうことによって営業するというスタイルです。例えばAというお店が日本全国でよく知られていた場合、そのAという看板やAが行っているサービスをマネすることが出来れば人気店になれる可能性があります。しかし、無断でそれらをマネすることはもちろん犯罪です。そこでAの本部とフランチャイズ契約を結び、看板やノウハウなどを使わせてもらえる状態にします。フランチャイズ店は売上の一部をロイヤリティとしてAの本部に支払います。フランチャイズにすることにより、一から事業をスタートするよりも遥かに有利な状態で営業を開始できます。本部としてもロイヤリティが入ってくるのでメリットがあります。つまり、フランチャイズは加盟店と本部の両方にとって利のある仕組みといえるでしょう。

フランチャイズ経営のポイント

フランチャイズに豊富なメリットがあるのは事実ですが、デメリットもあるためそこをカバーできる運営が必要となります。デメリットの1つはロイヤリティが発生することです。フランチャイズ加盟店は本部へとお金を支払わなければなりません。それゆえに個人商店などよりも高い売り上げを出すことが求められます。有名店の看板を使えるアドバンテージがあるので、それをどこまで売り上げに結びつけられるかが重要です。また、フランチャイズ加盟店は本部の方針にある程度従う必要があります。地域性などを重視し、一定の裁量を本部が認めているケースもありますが、本部の意向を完全に無視したような運営を行うことは出来ません。契約を守りつつ独自色を出して地域の支持を得ることが大切です。

フランチャイズ募集は、コンビニエンスストアやラーメンといったサービス業で行われており、加入店舗は本社に毎月手数料を収めています。