設計や製図作業の、正確性や迅速さを高めるCAD

CADっていったいどんなもの?

CADという言葉をよく目にしますが、実はなんのことだかよくわかっていないという方も少なくないのではないでしょうか。CADとは、cumputer-aided designの略で、日本語ではコンピューター支援設計と訳されているものです。もともと1960年代にアメリカで飛行機の設計のために開発されたものですが、現在では機械や建築、電機、服飾などあらゆる分野に対応したソフトができていて、設計や製図に欠かせないツールとなっています。

CADは、コンピューターの計算能力や記憶機能などを利用して、コンピューターと会話形式で人間主体で設計をおこなうもので、コンピューターが主体となる自動設計とは区別されているものです。CADを利用することにより、設計者や製図者は手描きで作成するよりも正確で速い作業が可能になりました。また、現在では二次元のみならず、三次元でも活用できるようになっています。

CADオペレーターの資格とは?

CADオペレーターとは、設計者の指示によりCADを操作して図面や3Dのデータをコンピューター上で使用できる形にする専門家です。

CADを使って仕事をするために資格は必須ではありませんが、コンピューターや製図の知識に加えてそれぞれの分野の専門的な知識が求められるため、相応のスキルを持った人材が必要とされています。

CAD資格にはいろいろなものがあります。一般社団法人コンピューター教育振興会が主催するCAD利用技術者試験は、二次元と三次元で分かれて試験があり、初心者から上級者まで能力に応じて受験することができます。厚生労働省でもCADトレース技能審査という技能試験を実施しています。ほかにも業界や企業が実施している検定などが複数あるので、それぞれの分野の必要性に合わせて取得していくことをおすすめします。

CADは「キャド」と読み、一般的にパソコン上の製図を支えるシステムのことを指します。電気CADはその中でも電気設計図に特化したものです。