こんな方法があった!?トイレ詰まりの解決法!

バケツを使う方法はこれ!

トイレひとつ故障しても大変なことになりますから、すぐに修理業者を呼ぶという人も多くいるでしょう。しかし意外にも対処法を知っていれば、自分で簡単に直せます。軽い詰まりなら家庭にもあるバケツを使う方法があります。バケツに汲んだ水を便器真上の高い位置から流し込んで圧力をかけます。勢いが良すぎてしまうと便器から汚水が飛び散って掃除が大変になりますから、適度な速度でやるようにしましょう。

ラバーカップを使ってみよう!

たいていの場合、バケツを使ってトイレ詰まりを解消することが出来るのですが、バケツで水を落し入れても直らない場合もあります。そうした場合にはラバーカップを使ってみると良いでしょう。使ったことがないという人でも、コツさえ知っていれば簡単に使用出来ます。ラバーカップの使い方のコツとしては、まず便器内の排水口にラバーカップのラバーの円部分をしっかりと押し当てます。この時、なるべく排水口との間に隙間を作らないようにしましょう。空気が入らないようにしっかり吸着させ、サッと引き抜くのがコツです。

最後の手段はお湯と重曹!

バケツでも直らず、ラバーカップを使ってもダメだった場合には別の解消法でチャレンジしてみましょう。バケツ一杯のお湯に重曹とお酢を入れてぐるぐるとよくかき混ぜます。重曹とお酢で詰まっているものを柔らかくする作戦です。よくかき混ぜて出来上がったら、詰まりが生じているトイレの排水口に流し込みます。そのまま60分放置した後、最後に水を流しましょう。重曹はいろいろな使い方が出来る便利品として知られています。

トイレのつまりは、経年によるパイプの劣化や汚れの蓄積などで発生することがあり、水漏れや便器のひび割れなどのトラブルを防ぐために、早期に専門業者に依頼をする必要があります。