心療内科?精神科や神経内科と何が違うの?

心療内科と精神科と神経内科はまぎらわしい

心を病んでしまった場合は、「心療内科」と「精神科」のどちらを受診すればよいでのでしょうか?それぞれの科はどう違うのでしょうか?また、心療内科と名前が似ている「神経内科」という科もあります。これらも、それぞれどう違うのでしょうか?

以下、そんな3科についてご説明していきましょう。

精神科は「精神の病気を診る」

わかりやすいように、まずは「精神科」からご説明していきます。精神科は、精神の病気を診ます。

例えば、発達傷害、統合失調症、うつ病、躁うつ病、不安症、強迫症、チック症、摂食障害、アルコールや薬物への依存症、などが精神科受診の対象となります。

心療内科は「身体と心理・社会面から病気を診る」

続いて「心療内科」ですが、こちらでは精神科よりも少し精神から離れ、身体や社会的環境などにも目を向けた診察・治療をします。精神科と比べて新しい科となります。

受診の対象となる疾患は、不眠症、うつ病、心身症、自律神経失調症、心的外傷後ストレス障害(PTSD)、適応障害、睡眠障害、過換気症候群、急性ストレス障害、拒食症、などです。精神科と重複する部分もありますし、そのために精神科と心療内科の両方を標榜している医院もあります。しかし、精神科よりも身体や社会面にも目を向けている科だというのが、おわかりいただけるのではないでしょうか。

神経内科は「脳・脊髄、筋肉などの病気を診る内科」

そして「神経内科」ですが、こちらは精神科や心療内科とは一線を画し、完全に身体を専門に診る科です。例え精神的な症状が現れたとしても、身体面を主にした診察・治療をします。脳・脊髄、その他神経、筋肉の病気をみる内科なのです。

対象疾患は、てんかん、頭痛、脳卒中、アルツハイマー病、パーキンソン病、脳炎、重症筋無力症、筋ジストロフィー、筋萎縮性側索硬化症(ALS)などです。

岡山の心療内科には、保険適用で日本初の温熱治療を行う心療内科もあります。遠赤外線で体の深部を温めますが、着の身着のままで治療できます。